本文へスキップ

ペットフォトライフはペットと家族の撮影を専門としています。

メールでのご予約制

〒223-0058 横浜市港北区新吉田東6-45-22

ペットフォトライフは、ペットの撮影を専門としています。

 水中ぶさいぬ撮影制作 (撮影条件ほか)
★ 「撮影を始めたきっかけと…‥その願い」
 はじめて撮影したのは、まだポジフイルム時代(2003年頃)でした。天候や水中環境にもよりますが、普通に撮ったのでは毛質がうまく表現できず困難。飼い主さんからかなり不評だった事を覚えています(泣笑)現在、デジタルの時代になって容易に写真加工ができるようになり、毛質、水の質感などもリアルに表現できます。当然、撮影環境により加工にも手間がかかります。僕は「水中ぶさいぬ」に関してアート作品という認識で撮影していますが、可愛いだけではなくボール等を咥えようとする本能的な表情も垣間見る事の出来る作品です。この写真は犬好きに限らず、一般の方も目を奪われる写真だと感じています。これを作品として撮りため、いつの日か、一般の方に向けて、この写真を入口にし、犬という動物を理解していただく事と。また犬の「しつけ」は人間社会で共に生きていくルールとして重要という事を理解していただきたいという願い。それらの思いが「殺処分0」等に連動できればという強い思いがあります。
水中ぶさいぬの撮影条件
●水(プール/川など)で遊ぶ事を好む子
●ボールなどに執着心がある子
●水好き
--------------------------------------------------
●基本的なしつけ
(待て、呼び戻し)が出来る子
--------------------------------------------------

水中ぶさいぬの撮影不可の子
噛みぐせのある子、発情期の子、吠えぐせのある子、社会化が出来ていない子、病気(皮膚病等)のある子は参加できません。どうぞご理解のほど宜しくお願い致します。
 
 水中ぶさいぬ撮影の流れ
水中ぶさいぬ撮影は完全予約制、撮影は基本的に雨天決行です。メールフォームよりお客様からのメールを確認しましたら下記の流れで撮影していきます。
@ 料金確認メール(振込先等)
A 振り込み料金確認したのち正式予約終了
B 撮影1日〜2日前にご連絡(最終確認)

C 指定された場所、時間に集合して下さい。

D 潜る子に限り水洗い(水洗いの前にプールに入らないように注意して下さい)
水洗いをしないでプールに飛び込んでしまうとワンコの毛と油であっというまに透明度が落ちてしまうので作品の品質が悪くなり、撮影不可になってしまいます。
E プールの中でボールなどで遊びながら撮影を進めます。
沈むボールなどに執着があるか見極めます。また練習をします。約30分間ほど水中ぶさいぬ撮影の努力はしますが、潜らないと判断させていただいた場合は、水中からのアングルでの作品にさせていただきます。一瞬を捉える水中での撮影は100%撮れるものではありません。水中ぶさいぬは水中からワンコを撮影する作品も水中ぶさいく(下記のような作品)ですので、料金返却等はございません。どうぞご理解とご了承下さい。
★5分ルール
水中ぶさいぬ撮影ではプール内で遊びながら撮影を進めますが、水遊びなので水を飲む事も多く、体力また健康面を配慮して3分〜5分の撮影をしたのち、陸上での休憩を5分させます。その際にオシッコののコントロールが可能な子はオシッコを促してあげて下さい。

F 撮影終了(ワンコの身体を拭いてもらいます)
すべてが終了する時間が約60分となっております。

G 撮影終了後、3日経ちましたら下記より「水中ぶさいぬ」作品サイトをご確認下さい。
写真販売サイト https://phst.jp/ypo649/front/page/home/index.html
このサイトで購入しないようにお願いします(別料金となってしまいます)あくまでも写真番号を確認するためにご観覧下さい。
H 写真確認をしていただきましたら、件名を「水中ぶさいぬ作品」と記載して、欲しい番号をメモして下記のアドレスへお送り下さい。と ky001photo★gmail.com ←★は@を入れてください。


お客さまからの希望写真を確認致しましたら専門業者へご注文致します。1週間〜2週間後に商品をご自宅へお送り致します。お疲れさまでした!
 撮影条件/注意事項ほか 契約書類内容 各コースと撮影場所